HEYRICO

ちっちゃなことから”キレイ”をはじめる

【体験談】私が新卒二年で会社を辞めた理由


RICO《@hey__rico》です。

「つらい。新卒二年だけど、仕事やめたい」こんなふうに悩んでいませんか?

私も新卒で入社した会社がとにかくつらくて辞めたい、でも3年は我慢しなきゃ!と思い辞められずにいました。

とりあえず3年は続けるべき

辞めてどうする?

次の就職先が決まるか心配

こんな風に考えてしまい、なかなか会社を辞める決断をできずにいました。

しかし、会社を辞める決断をしてからは考えているよりもあっさり退職することができました。
あのとき決断していなかったら、私は今もきっと苦しんでいたと思います。

もっと自分を大切にしながら仕事ができる会社がいくらでもあるのに

今回は、新卒3年未満で会社を辞めようか悩んでいる人に向けて私の経験を書いていきたいと思います。私の経験が参考になれば幸いです。

会社を辞めた理由

私が会社を辞めた理由は大きく3つあります。

パワハラモラハラ・セクハラ

目標となる、上司や先輩がいない

入社してすぐに給料が下がった

小さなことはたくさんありますが、大きくはこの3つです。それぞれについて詳しく書いていきます。

「死ね」と言われてまでやる仕事はこの世にない

私は建築業界という男社会の業界で働いていました。そのため、言葉づかいが少し乱暴な人が多い職場でした。「バカ」とか「アホ」とかは当たり前。

愛のある「バカ」や「アホ」であればまだいいのです。
どうしても我慢できなかったのが、何かあるごとに本気で「死ね」という言葉を使っていたことです。

その人は社内でとても権力を持っている人で、社内の全員がその人に注意や指摘をすることができませんでした。社長でさえも。

いい提案も機嫌が悪ければ却下され、中途半端な提案も機嫌が良ければ採用されるという状況。さらに、人の好き嫌いがはっきりしているため、嫌いな人が提案すれば即却下、好きな人が提案すれば即採用。仕事の全てはその人のご機嫌次第という状態でした。

どんなに努力しても、その人に嫌われてしまったら出世は厳しいという体制に嫌気が指しました。
そして、なんとなく嫌いという理由で嫌われて、「死ね」と言われながらやる仕事はないと思ったのです。

私は女だったため、お気に入りの部類に入り、「死ね」と言われることはありませんでしたが、その代わりに頭を撫でられたり、異常に距離が近かったり、セクハラに近いことをされていました。

それを、注意してくれる人は誰もいませんでした。

上司や先輩を見ていて、将来こうはなりたくないと思った

会社に目標となる人はいますか?私はいませんでした。

それだけでなく、それなりに成果を出しても「死ね」と言われ、毎日終電まで仕事をしている上司や先輩を見ていて将来こうはなりたくないと思いました。

やればやるほど仕事はつらくなる。そんな環境はおかしい。

転職で入社してきた人には、「ここにいる人のようになったら駄目」と言われたこともあります。

新卒で入社したら今いる環境が当たり前だと思いがちですが、転職してきた人に外部の話を聞くことで今の環境はおかしいと気付くことができました。

入社したら給料体制の変更があり、残業代がごっそりなくなった

入社し、すぐに給料体制の変更がありました。

会社「残業代を付ける代わりに基本給を下げます。」

私「!!!!????」

給料が良かったため、前職を選んだ私は、会社にはめられたと思いました。

給料体制の変更は、簡単に決まるものではないと思います。
ですから、入社前に決まっていたけどそれを伝えたら内定辞退されるかもしれないから黙っておこうと考えたのではないか?と私は考えてしまいました。

もちろん、これは憶測です。
しかし、入社直後の給料体制の変更によって会社に対して不信感を持ってしまいました。

会社を辞めれなかった理由

「会社を辞めたい」と考えていても、辞める決断は下せずにいました。

とりあえず3年の壁

辞めることは逃げることなのではないか?

次の仕事が決まるか不安

新卒で入社した私はこんなことを考え、辞める決断を下せずにいました。

とりあえず3年の壁

よく言われると思います。

「とりあえず3年は続けろ」

誰かに「会社を辞めたい」ことを相談したことがある人は、言われた経験がある人は多いのではないでしょうか。

私も信頼している社外の人に相談をしても、3年いたらなんとなくわかってくるからとりあえず辞めるな、というようなことを言われました。

会社に入る前は、とりあえず3年は続けようと思っていましたし、友人が会社を辞めたいと言っているときも私は「とりあえず3年やりなよ」と無責任なことを言っていました。

しかし、ヤバイ会社は3年居なくても分かります。
そして、3年居たら人間は変わります。
3年間という長い時間は心や身体を壊すことに十分すぎる時間です。

若くて元気でなんでも吸収できる時間を、「つらい」だけの時間で過ごすのはとてももったいないです。

会社を辞めることは辛いことから逃げること?

私は「逃げること」は嫌でした。

仕事を辞めたいのは、つらいことから逃げるためだ!と思い、私は2年間我慢するようにしていました。

しかし、仕事を辞めた今思うことは、「会社から逃げてよかった」です。
それは、つらいなかにも希望がある仕事はたくさんあることが分かったからです。

前職では、頑張って仕事をしてもつらさが増すだけで希望はありませんでしたが、つらくても達成感ややりがいのある仕事は世の中にたくさんあることに気がつきました。

次の仕事はあるのか?そして、収入を保てる仕事に就けるのか不安だった

新卒2年で仕事を辞めた私に、次の職場があるか不安でした。
さらに、前職で正社員として働いていた私は次の職場でも前職の給料を保てるか不安でした。

私は大学の奨学金と資格学校のローン返済のため、毎月三万円出費があります。前職のころの給料から下がってしまうと、かなり厳しい経済状態になってしまいます。ですから、収入が減らないか不安で決断できずにいました。

しかし、心配は必要ありませんでした。

転職先で給料が減ってしまったら、減った分補助してくれる国の制度がありますし、働こうという意思さえあれば職がなくて困るということはありません。ハローワークに行った際も、選びきれないほどたくさんの職を紹介してくださいました。

そして、新卒二年で仕事を辞めたことが再就職に対して不利にはたらくようなことはありませんでした。

再就職の際に、次の会社に対して誠実に頑張りたいということを伝えれば、3年未満で辞めたのはよっぽど前職がひどかったんだな、と察してくれます。

それでも決断した理由

「辞めたい」と思っていてもなかなか辞める決断をできなかった私でしたが、最終的には入社二年で仕事を辞めることを決断しました。

そのきっかけとなったできごとは、

仕事をしてて、突然涙があふれて止まらなくなったから。

直前に怒られたとかそういったことはなく、突然ただただつらい気持ちだけが溢れてきて涙が止まらなくなってしまいました。限界だと思いました。

これまでも、深夜の会社からの帰宅途中で涙が出てくるとか、お風呂で泣いたり、布団で泣いたり。そんなことは、数え切れないほどありましたが、会社で涙が止まらなくなることはありませんでした。

客観的にみたら気付いたら泣いている状態はもう心が限界だということを表しています。もう、会社は辞めてしまいましょう。他にも生きる術はあります。

人間関係・仕事内容・給料どれか二つ満たされないなら辞めていいと思う

人間関係・仕事内容・給料、どれか2つでも自分が満足する内容であれば、仕事は続けていけます。
しかし、満たされなければ仕事を続けていくのは難しい。

私の場合は、一部の人間関係がとてもつらく、給料も入社時の給料より減ってしまったため、仕事を続けることはできなくなりました。仕事内容はこれ以上ないくらい理想的な環境だったので残念です。

今、新卒入社3年未満で仕事を辞めようか迷っている人は、人間関係・仕事内容・給料の3つのポイントに分けて仕事を続けられるか考えてみてください。

「辞めたい」気持ちが強くなり追いつめられると、客観的に自分の状態を考えることができなくなります。私もそうでした。

考えるポイントを分けることで、自分が頑張れることと頑張れないことを冷静に考えることができるようになります。

つらいことだけで、仕事は勤まりません。
今の職場が、人間関係・仕事内容・給料、どれか2つでも自分が満足する内容でなければ辞めてしまいましょう。

大丈夫。新卒3年未満で仕事を辞めても、働く場所はあります。