HEYRICO

ちっちゃなことから”キレイ”をはじめる

鼻緒が選べる踊り下駄専門店「郡上木履」に行ってみた

RICO (@hey__rico)です。
今年もついに郡上八幡の徹夜踊りの季節がやってきました。

友人と徹夜踊りにハマって今年で三年目。
私、ちゃんとした踊り下駄がほしい。

調べてみたところ、”郡上木履”さんが鼻緒が自由に選べる踊り下駄を作ることができるらしいとのこと。

ということで、早速郡上八幡に行ってきました。

郡上八幡徹夜踊りとは?

日本三大盆踊りのひとつに数えられる郡上おどり。

とくに、郡上市内の中心地で朝まで踊り明かす徹夜おどりは、地元民から観光客まで多くの人で賑わいます。

8月13日〜16日のお盆の時期に”徹夜踊り”は開催されます。
さらに、7月下旬〜9月上旬にかけてほぼ毎晩郡上八幡のどこかで盆踊りが開催されており、郡上八幡の盆踊りは超ロングランなのです。

最も盛り上がる徹夜踊りの日ばかりは、おじいちゃんあばあちゃんも踊りまくります。

初参戦の際は、徹夜踊りが行われる8月13日〜16日に参戦することをオススメ!

郡上木履に行ってみた

郡上おどりに絶対欠かすことができないものが踊り下駄

浴衣よりも絶対踊り下駄!

二年行ってみて分かったことが、この踊り下駄が地面を蹴るときに出す「カッ!」という独特の音が会場との一体感を作り出して病みつきになるんです。

だから、浴衣よりも踊り下駄は絶対はずせない!
会場には、私服で足元だけ踊り下駄という人も結構いるんです。

そこで今回は鼻緒が選べる郡上木履に行ってみました。

メイドイン郡上 郡上木履

郡上木履さんでは、郡上産ヒノキを使ったメイドイン郡上の踊り下駄を販売しています。郡上には他にも下駄屋さんはあるけど、郡上でつくられた下駄は郡上木履さんしかないみたい。地産地消

そして、激しい郡上踊りに耐えられるように様々な工夫がされているらしいです。

「音」=ヒノキ
通常、キリやスギが利用されることが多い中、地面を蹴った時の「音」にこだわり、より比重の重いヒノキを使用しています。
「徹夜踊り」=一体型
下駄を鳴らす激しい踊りに耐えるため、一塊の木の塊から歯を削りだしています。台と歯の部分に継ぎ目がありません。
「美しく 踊る」=高さ50mm
踊り姿が綺麗に見える高さを考え、通常の下駄より高めに設定しました。

まさに郡上踊りのために作られた下駄

郡上木履踊り下駄履いてみた

私「か、軽い!!!音も良い!」

(テンションが上がり少し踊っていたため、履いてる写真撮り忘れた。)

ちなみに、サイズは男女ともにMとLの2サイズ展開。
写真の奥側が男性用、手前が女性用となっています。

男性用は四角くて、女性用は丸みを帯びたデザイン。

試し履き用の下駄が用意されているので、履き比べて自分に合ったサイズを選びます。迷ったときは、店主さんに相談するといいですよ!

土台のサイズが決まったら、次は鼻緒を選びます。

いっぱいありすぎて迷う。

気になるお値段は、鼻緒の種類によって4000円~6000円程度

鼻緒の種類が決まったら、店主さんに伝えます。
すると、5分ぐらいで鼻緒と土台をその場でくくりつけてくれます。

完成したら下駄を試し履きして、足に合わせて微調整。

自分自身に合わせて作られたものってすごく特別でどきどきするよね。

徹夜踊りの日は朝まで営業

13日と16日は翌朝4時まで、14日と15日は翌朝5時まで営業しているそうです。徹夜踊り中に鼻緒が切れてしまっても、すぐに買いに行けます。

ただし、23時〜2時の時間帯はかなり混雑し、一時間以上待つこともあるみたいなので要注意です!

郡上木履

公式HP:郡上木履
営業時間 : 10:00-18:00(郡上踊り開催日は踊り終了迄)
定休日 : 水曜日(郡上踊り開催日は営業)